光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか2:ドコモ光(NTT docomo)の利用料金

ケータイ・スマホ

光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金

からの続きです。基本の条件は↓

比較条件

住処:戸建て

契約形態:定期契約

電話:データ3GB+かけ放題5分のスマホプランとする。

あと税抜きです。

ドコモ光


私はポインコやドコモ田家よりもドコモダケ派です。

NTTドコモの提供する光コラボ。
docomo回線とセットが条件。スマホ料金が高いほど露骨に割引率が増える。
電話料金体系だけでも複雑すぎるのに更にドコモ光やらポイントステージやら経年割引やらで複雑怪奇である。

基本料金

  • 基本:5200円/月 タイプAプロバイダ込み
  • 基本:5400円/月 タイプBプロバイダ込み

光コラボによる携帯電話、スマートフォンの割引体系

ドコモ光セット割というものが用意されています。
ウルトラシェアパック100なら3500円/月も引いてもらえますが、そもそもこれが25000円もする+100GBも使うなら光回線はいらんでしょ!

比較条件に従い、ベーシックパック3GBを選択します。

電話代

  • パケット代:4000円/月 – 800円/月(ドコモ光セット割) = 3200円/月
  • カケホーダイライト(5分以内通話無料) = 1700円/月
  • SPモード = 300円/月
  • スマホ費用合計 = 5200円/月

固定回線+プロバイダー代+電話代合計

  • タイプA:10400円/月
  • タイプB:10600円/月

その他

  • 契約費+初期工事費18800円はほぼ年中やっているキャンペーンで無料
  • 事務契約手数料3000円
  • 解約金15000円+スマホ9500円
  • 携帯、スマホは当然docomo回線縛り。
  • 2年に1回継続ポイントがもらえるが、期間限定ポイントで使いみちがほぼdショッピング関係になるのが難点。

まとめ

家族で使うシェアパックなら800円~1800円と割引も大きくなりますが、そもそもパケット代が6500円~15000円と高いです。
さりとて、一番安いケータイパック300円になると割引自体がないので、5200円/月をそのまま支払うことになるのでメリットを感じることが出来ません。

当初のキャッシュバックや工事費無料がメリットだと思いますが、経年で累積していく料金でチャラになるかと思います。

docomo発行のクレジットカード、dカードゴールドを持っていると年会費は10000円かかりますが、ドコモの利用料金の一部が10%還元なのでドコモ光だけで約6000ポイント/年(1.00ポイント=1.08円)還元してもらえます。が、スマホ代も含めて結局多く払った分がドコモのポイントで10%返ってくるだけなので割安感はないですね。



コメント

  1. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか2:ドコモ光(NTT docomo)の利用料金 […]

  2. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか2:ドコモ光(NTT docomo)の利用料金 […]

  3. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか2:ドコモ光(NTT docomo)の利用料金 […]