光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金

光回線

結局どこが安いのか

各種携帯キャリアと光接続の光コラボラシオンがあります。
かつてdocomoでスマホ使っていたときはドコモ光を検討したのですが、色々と検討した結果現在もフレッツ光です。
当時はフレッツ西日本に光もっともっと割というのがありまして、3610円/月まで回線料金が安くなっていたので移行する旨味がなかったのです。
しかしこの光もっともっと割廃止などなど、どこの会社も色々と状態が変化しているので、2018年のデータで料金比較していきたいと思います。

が、調べていくと情報量が多くなりましたので、まずはそれぞれの会社の料金データを紹介していきます。
それらが出揃ったらファイナル編で月額・総額を比較していきたいと思います。

比較条件

住処:戸建て

契約形態:定期契約

電話:データ3GB+かけ放題5分程度のスマホプランとする。今回の場合はMVNOのmineo。

あと税抜きです。

フレッツ光(NTT西日本)

NTT西日本が提供する光回線サービス。一番ベーシック。
東日本はよくわからないので割愛。

  • 基本:5400円/月+プロバイダ代金

光はじめ割(定期契約)

  • 1~2年目:4300円/月+プロバイダー代金
  • 3年目以降:4110円/月+プロバイダー代金

プロバイダー代

  • 500円/月~1200円/月
    BBexciteの500円/月が最安。

固定回線+プロバイダー代合計

  • 1~2年目:4800円/月~5500円/月
  • 3年目以降:4610円/月~5310円/月

電話代

  • mineo データ3GB/音声通話プラン/10分かけ放題付き:2240円/月

固定回線+プロバイダー代+電話代合計

  • 1~2年目:7040円/月~7740円/月 
  • 3年目以降:6850円/月~7550円/月

その他

  • 契約費+初期工事費18800円
  • 解約金10000円
  • その他の縛りなし
  • 1年に1回継続ポイント(3000ptや4500pt)がもらえる。

まとめ

回線代+プロバイダーは別というシンプルな料金体系です。
大々的に謳われてはいませんが、なにげに継続ポイントがあり、私はスピーカーやら2DS LLをもらいました。
ポイントが足りなくても、不足分は現金を足して交換できるのが便利です。

注意点

フレッツ公式のようなサイトでフレッツ光にするとキャッシュバック*万円!みたいなサイトがありますが、色々条件を見ると追加契約が必要だったり胡散臭い文が並んでいたりしますので、フレッツ光に限らず、こういう契約をしたいときは携帯電話キャリアの公式サイトか、プロバイダーの公式サイトか、価格comのキャッシュバック案件を見ていって納得した上で契約するのが無難です。


面白かったら広告クリックお願いします!
本サイトの運営は皆様からの広告収入に支えられています!


光回線
makkochan80をフォローする
さびなーる

コメント

  1. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金 […]

  2. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金 […]

  3. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金 […]

  4. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金 […]