光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか3:au(KDDI)の利用料金

ケータイ・スマホ

光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか1:フレッツ光(西日本)の利用料金

光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか2:ドコモ光(NTT docomo)の利用料金

からの続きです。基本の条件は↓

比較条件

住処:戸建て

契約形態:定期契約

電話:データ3GB+かけ放題5分のスマホプランとする。

あと税抜きです。

auひかり


auの提供する光コラボ。
初期手数料が37500円と他に比べて高めですが、電話サービス(固定電話なくてもよい)と同時加入でチャラ。
というか、電話サービス(+500円)に入らないとauスマートバリューが適用されないデメリットがあり、docomoと同様のトラップ度あり。

ずっとギガ得プラン

3年契約で100円ずつ安くなるプラン。
プロバイダー代込。

  • 基本:5100円/月~3年目4900円/月 (プロバイダー込)
  • 電話サービス込み 5600円/月~5400円/月 (プロバイダー込)

選べるプロバイダーはdocomo光より少なめなので書き切れます。

  • @nifty
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

光コラボによる携帯電話、スマートフォンの割引体系

auスマートバリューが永年適用になります。
ただし、前述の通り電話サービス+500円が必要です。
比較条件に従い、データ定額3GBを選択しますと934円/月の割引です。

電話代

  • パケット代 データ定額3: 4200円/月 – 934円/月(auスマートバリュー) = 3266円/月
  • スーパーカケホ = 1700円
  • LTE NET = 300円/月
  • スマホ費用合計 = 5266円/月

固定回線+プロバイダー代+電話代合計

  • 合計: 10166円/月~10366円/月
  • 合計: 10666円/月~10866円/月

その他

  • 初期費用 37500円(675円/月x60回) ひかり電話を同時に加入するとキャッシュバック
  • 登録料 3000円
  • 解約金15000円+スマホ9500円
  • 携帯、スマホは当然au回線縛り。
  • auは安いイメージがありましたが、データ定額プランだと結局docomoと料金変わらず。

まとめ

これだけ見るとdocomo光と比べて旨味がないと思われますが、色々とキャッシュバックがあるので、初期導入費用の高さはチャラになる場合があります。また、auの本家サイトより、提携しているプロバイダーのサイト(例えばSo-net)から申し込む方がキャッシュバックと月額料金が安くなる場合が多いです。ただし、3年くらい後に色々な割引が消滅した後にどーなるか計算しておいたほうが良さそうです。



コメント

  1. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか3:au(KDDI)の利用料金 […]

  2. […] 光固定回線+スマホコラボは結局どこが一番安いのか3:au(KDDI)の利用料金 […]