2019年7月時点で買えるMini-ITXサイズのAMD APUオンボードマザー

自作PC
スポンサーリンク

7/7 Ryzen 3000シリーズ発売記念企画

まだあんまり売られていない気がしますが、祝Ryzen3000シリーズ発売。

先日AMDがインテルのシェアを逆転しましたが、さらにダメ押しの一撃となりそうです。

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

今回は3000シリーズ発売記念として、2019年7月時点でRyzen以外のAMD APUが載っているMini-ITXマザーボードを紹介したいと思います!(なんじゃそら)

製造メーカーはBiostar、代理店はすべてアユートです。

Biostar製A68N-2100E

食指が伸びそうな価格

2019/07/05にアユートからBiostar製のAMD CPU On BoardのマザーボードA68N-2100Eが出ました。実売6,500円の価格に加えてMini-ITXなので軽く自作をするのに魅力的ですね。と思っていました。

AMD CPU「E1-2150」搭載 Mini-ITXマザーボード「A68N-2100E」が発売|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
自作用各種PC用パーツをお取り扱いする、株式会社aiuto のwebサイトです

特徴

A68N-2100E
Radeon HD8210グラフィックス搭載のMini-ITXマザーボード
・AMDのCPU「E1-2150」搭載
・デュアルコア1.05GHz、TDP9W
・Radeon HD8210グラフィックス搭載
・Mini-ITX対応マザーボード
・17cm x 17cm のコンパクトサイズ
・メモリースロット:DDR3/DDR3L-1333×2(最大16GB)
・ストレージ:SATA3.0(6Gbps)x2
・拡張スロット:PCI-Express2.0 (x4/x16) x1 
・ギガビットLAN x1「Realtek RTL8111H」
・映像出力:HDMI x1、D-Sub x1

手持ちの余っているDDR3Lメモリーが使え、一応RADEONグラフィックス搭載ということでかなり惹かれるなーと思いきや、CPUがE1-2150です。クロック1.05GHzで2コア。TDP9W。

このコア、2014年のKabini世代で、そりゃDDR3L使えるわなというもの。PassmarkのスコアはE1-2150があまり出回らなかったようで未記載となっており、E1-2100のものしかありませんでしたのでそれを紹介。

E1-2100はPassmark 641点と同じようなデュアルコアのAtom N550の524点から2割増くらいの性能。

GPUのRadeon HD85210は251点と、Atom N550のGMA3150の4点に比べてかなりマシですが、Windows10の快適な動作は厳しそうです。

Windows7/10対応ということなので、Windows7の動態保存マシン用とか、古くなったシステムのリプレース用であれば十分ではないでしょうか。Windows7環境では。

というわけで、Windows10を使っている私としては今回の購入見送りとなりました。

つーか、そもそも、E1-2150搭載なのだから型番はA68N-2150Eの方がいいのではないでしょーか?

Biostar製A10N-8800E

パワフルなFX-8800P搭載

2015年6月くらいに出たCarrizoコアのFX-8800P 4コアを搭載したMini-ITXマザーです。実売10,000円前後。

A10N-8800E|BIOSTAR|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
自作用各種PC用パーツをお取り扱いする、株式会社aiuto のwebサイトです

特徴

・AMD Carrizo世代のAPU「FX-8800P」搭載
・4コア2.1GHz、ブースト時最大3.4GHz、TDP15W
・AMD Radeon R7グラフィックス搭載。4K対応
・Mini-ITX対応マザーボード
・17cm x 17cm のコンパクトサイズ
・メモリー:DDR4-2133(OC) MHz x2(デュアルチャンネル対応)
・M.2 NVMe (PCIE Gen3 x2) 対応
・PCI-Express3.0 x16 (信号はGen3 x4) 
・ギガビットLAN x1「Realtek RTL8111H」
・映像出力:HDMI x1、D-Sub x1

このマザーの問題はCPUのTDPです。

CPUのFX-8800PのPassmark CPUスコアは4147点、GPUスコアは866点と第4世代Core i5 Uシリーズくらいの性能がありますが、実運用上のTDPが35Wもあります。上記のアユートの紹介だと15Wになっていますが海外サイトだと35WクラスのAPUとして紹介されています。

実際15W用のファンだと手に負えなかった模様で、マイナーチェンジしてCPUファンが大きくなっています。

冷却に気をつけるか、ブーストを切るかして使う必要がありそうです。

Biostar製A68N-5600

TrinityのA10-4655M搭載

2012年6月くらいに出たTrinityコアのA10-4655M 4コアを搭載したMini-ITXマザーです。実売9,500円前後。

A68N-5600|BIOSTAR|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
自作用各種PC用パーツをお取り扱いする、株式会社aiuto のwebサイトです

特徴

AMD A10-4655 (クアッドコア 2.0GHz 最大2.8GHz)プロセッサー オンボード搭載
AMD A68H チップセット
2-DIMM DDR3 1333MHz メモリ対応 最大容量 32GB
USB 3.0対応
Mini-ITXフォームファクター

このマザーの問題もやはりCPUのTDPです。

CPUのA10-4655MのPassmark CPUスコアは2607点、GPUスコアは488点と2019年現在よく格安ノートに使われているCeleron N4100より一段上の性能がありますが、TDPが25Wもあります。

こいつも冷却に気を遣ったケースかファンを使う必要がありそうです。

また、値段がA10N-8800Pと変わらないので、あえてこちらを選ぶ理由があまりないのが欠点です。

まとめ

2019年7月現在、国内で普通に手に入るAMD APU搭載マザーボード3種類を紹介しました。が、それぞれ性能不足、高TDPと帯に短したすきに長し感があります。

ここは15W 4コアのA10-9000系を採用したMini-ITXボードを出してくれないものでしょうかと、製造元のBiostarのサイトを見ましたがBristol Ridgeなどの最近の省電力APUを採用したオンボードマザー製品がありません。

それこそRyzen MobileかAthlon Mobileを搭載した12,000円くらいのMini-ITXボードが出たらAMDのシェアが更に高くなりそうですが、こういうニッチなところに供給できるほど今のAMDに余力はないのかな~と思います。

コメント