Twomon USBでタブレットやスマホをPCセカンドモニターにする

パソコン

モバイル環境でもデュアルモニターしたい

パンピーでもPCに20.0インチ以上の液晶モニターを2つ繋ぎ、デュアルモニター環境にするのがメジャーになっております。大昔はこういうのをやるのは株トレーダーかクラッカーかという世界でしたが、統合グラフィックスでもデュアルモニター以上の環境が普通に構築できるようになっているので、便利な世の中になったものですね。

で、本題です。
出先のモバイルPC環境や狭い机上環境でもデュアルモニターしたいときがままあります。
が、20.0インチ以上のモニターを持ち運ぶわけにもいきませんし設置場所も取られます。となると7.0インチくらいのミニサイズのモニターとなります。昔はバッファローなどからUSB接続モニターが出ていましたが、ニッチ商品で儲からなかったのか販売終了。
代わりに今は主に中国メーカーから主にラズベリーパイ用で3.0インチ~10.0インチくらいまでのUSB接続IPSモニターが販売されていますが、7.0インチレベルで5000~10000円、10.0インチレベルで8000~15000円くらいと、あと少し予算を増やせばエントリークラスのiiyamaやPhilipsの20.0インチクラスモニターが買えるくらいの価格です。

  • 小さいモニターにあまりお金掛けたくない
  • 小さいモニター画面が実際役に立つかどうかわからない
  • 10000円出してモニター買うなら同じ値段・サイズのAndroidタブレットを買う

と、いう方にオススメするのがAndroid/iOSで出ているTwomonUSBというアプリです。
タブレットやスマホをセカンドモニターとして取り扱うことができます。

価格は多少上下するようで私が買った時は¥980でした。Google Playなら2時間以内なら返金可です。ダメだったら返金しましょう。

私はiOS端末を持っていないので、今回はAndroidとWindows10環境でのセットアップ使用方法を説明します。

セットアップ

完成図は下記ですが、ここに行くまでいくつか設定が必要です。

  1. 使うタブレット・スマホのバージョンがAndroid 4.0以上かどうか確認
  2. 使うPCのOSバージョンがWindows XP以上かどうか確認
  3. 使うタブレット・スマホにTwomonアプリをインストール
  4. 使うタブレット・スマホの設定→端末設定→ビルド番号をひたすらクリックして開発者向けオプションを出す
  5. 開発者向けオプションでUSBデバッグをONにする
  6. 使うタブレット・スマホでTwomonアプリを起動する
  7. アプリを起動するとPC版Webサイトアドレスが出るのでメモする
  8. メモしたアドレスへアクセスしPC版をインストールする(ドライバーも入る)
  9. PC版Twomon USBを起動する
  10. USBケーブルで使うタブレットorスマホとPCをファイル転送モードで接続する(充電のみモードはNG)
  11. 接続ボタンが有効化されるので、押して接続する

つながらないor接続ボタンが無効のままの場合はUSBケーブルを何度か抜き差ししたり、ファイル転送モードを他の転送モードへ変更したりトライすれば接続できるようになると思います。

また、Windows7、8、10などタッチパネル対応OSで、セカンドモニター側がタッチパネルだとタッチでWindows操作ができます。

注意点!!

  • 充電しっぱなしになる
    どうしても仕組み上、セカンドモニター機器は充電され続けるため、熱や満充電し続けることによるバッテリー劣化、逆に消費電力に充電が追いつかずバッテリー切れによる使用不可などもあります。ということで、もうメイン使用ではない引退機器で実施することをオススメします。
  • タブレットやスマホによって動き方が変わる
    処理能力が足りないのか、Android OSのバージョンのせいか、USBケーブルのせいか、セカンドモニター画面の動きがガタガタするときがあります。GoogleのNexus7(2013)は問題なしでしたが、シャープのSH-01Fは画面解像度を落とさないと処理落ちでガタガタしました。CPU性能はNexus7、SH-01F共に同じくらい高いはずなのですが。

高解像度と物理的な限界

モニターは高解像度であればあるほど良いですが、7.0インチタブレットや5.0インチスマホだと高解像度にしても物理的に画面が小さすぎて見えなくなってしまいます。ということで、Nexus7(2013) 7.0インチIPS液晶での画面サイズと見え方を下記に羅列します。

  • 800×600
    縦横比の関係で横が狭まるが、文字は見やすい
  • 960×640
    上下比率のバランスが良くなり、こちらも文字が見やすい
  • 1200×800
    作業エリアが広がったが文字認識が厳しい 右下の時計が見えない
  • 1900×1200
    もはや文字は近づかないと読めない

私は問題なく文字が読める960×640で使っています。
また、スマホだと画面サイズ5.0インチくらいがほとんどなので、私の視力では800×600くらいでの運用が限界です。

まとめ

セカンドモニターとして使う機器によってSH-01Fのように問題が出たりしますが、このアプリハマればなかなか有用です。

中古で捨て値で売っているタブレットを使ったり、眠っているスマホを復活させたりして試してみるのも良いのではないでしょうか。10.0インチくらいのタブレットだと1366×768くらいでも十分に文字が読めると思います。

コメント