グラストラッカーのカスタム2 ハンドル周りの交換

グラストラッカー

ハンドルが高くて寒いのよ

低いハンドルへ

グラストラッカーの純正ハンドルの腕上がりのポジションに慣れないため、ハリケーンのフラットコンチ1型へ換えました。一気スタイルが普通のネイキッドになりました。車体サイズはネイキッドの3/4くらいですが。

グラストラッカーはもともとのハンドルが高くケーブルが長めなので、低めのハンドルを付けてもケーブルの取り回しは問題ないです。むしろ余ったケーブルをどうまとめるかが問題です。

これでニーグリップが自然にできるポジションになり、低速時のふらつきが減ったと思いきや、前傾がきつくなります。
安楽ポジションを求めるなら、ハリケーンのヨーロピアン1型の方が良いと思います。

ハンドルアップスペーサーをつけた

チョイスをミスった若干目論見と高さが違ったからといって、ハンドルを新しく買い直して付け直すのも面倒ですので、ハリケーンのハンドルアップスペーサーH25を取り付けました。グラストラッカーは対応車種なのでポン付けでいけます。

純正かというくらいフィットし、ハンドル高さが25mmアップとなり、これで求めていたポジションになりました。
実売は6500円。アルマイト加工されていて高級感が高いですが、ハンドルがもうひとつ買える値段ではあるので、若干高めかもしれません。

グリップヒーターをつけた

夏だといいのですが、寒い季節になると分厚い手袋を付けていても寒さがしんしんと伝わって凍えてきます。
ハンドルガードなど試みましたが、やっぱり熱源を発するものでないと寒さの真因は取り除けないです。
ということで、キジマのグリップヒーターを取り付けました。

ゴムグリップは専用品に交換式になります。

ダイヤル式で50~100%の温度調整可能。50%でも充分温かいです。
外部の熱で暖が取れるようになったので一気に行動範囲と行動時間が広がりました。

ただし、運転時はブレーキやクラッチに指をかけたままになるため、手の外側は冷えてきます。
良い耐寒グローブとの組み合わせは必要です。

そして、気になるグリップヒーターの消費電力ですが、説明書によると下記です。

OFF 0W
40~50% 18-20W
51~60% 20-22W
61~70% 23-25W
71~80% 26-29W
81~90% 30-33W
91~100% 34-36W

グラストラッカーの発電量は250ccの小排気量でも少なくとも150Wはあるみたいなので、ヘッドライト 35W、テール21W、ウィンカー15W +このグリップヒーターとしてもまだ余裕があります。が、アイドリング時は厳しいかもです。

以上、グラストラッカーのハンドル周りの交換でした。
参考になれば幸いです。

コメント

  1. […] 前回のその2でハンドルを交換しましたが、ハンドルを低くて狭いものに交換すると、純正ミラーの開き角だと自分の肩か顔しか映らなくなります。ということで、ミラーを交換する必要 […]

  2. […] ハンドル周りの交換 […]

  3. ぎりで学生 より:

    10月にグラストラッカーBB中古を人生一代目のバイクとして購入し,ハンドル交換でもしようと検索していたらこのサイトにたどり着きました.
    参考にさせていただきます!

    • makkochan80 より:

      購入おめでとうございます。
      ハンドル周りの交換は、多少工賃がかかってもバイク屋さんに頼んだほうがいいと思います。
      気に入るハンドルが見つかりますよういのっとります!