シャープのガラホdocomo SH-01Jとスマホの2台持ちで電話代を節約する

ケータイ・スマホ

電話代はなるべく節約したい

私は
・電話というインフラに高い金を払いたくない。
・携帯電話会社の利益率が高すぎる。半公共企業なんだからトントンでやれ。
という(歪んだ)思いを常に持っているのでケータイ代をなんとか抑えたいと思っていました。

2台持ちで節約

docomoで今使っているSH-04Gの2年縛りが終わったため、1月よりガラホSH-01Jを購入し2台持ちにしました。妻も同様に、SH-04G→SH-01Jへ機種変更です。

SH-01JはAndroidベースの旧来のケータイの形をした端末です。
基本操作は文字キーでポチポチ打つ旧来のタイプです。普通にインターネットもでき、タッチクルーザーという文字キーの上を軽くなぞるとマウス操作的にWebをブラウズできる機能もありますが、画面が小さいのとタッチクルーザーが使えるアプリが限られているので緊急時以外は使いません。

SH-01Jの一番いいところは、カケホーダイ+ケータイパックで2000円以下で運用できる(データ通信量が10M未満/月であれば)!というところでしょうか。ドコモだと一度スマホに変えてしまうとパケットパック強制セットで月6000円/台以上の運用を強いられてしまうため、これでせいせいしました。

いっその事データも通話も両方MVNOにすればよかったのですが、dカードの2万円クーポンとポイントがあったためと、MVNOだと定額通話プランが10分までなどと制約が多いので、今回はdocomoを継続することにしました。

*apkをインストールしたりしてスマホの代わりにバリバリデータ通信を使いたい人は対象外です。

運用結果

元々は下記構成。
私→スマホ:シェアパック5、シンプルプラン
妻→スマホ:シェアグループ、カケホーダイ
実家の母→FOMA携帯:プランSS

新しくなった構成。
私→ガラホ:ケータイパック、カケホーダイライト、スマホ:DMMシェアプラン 3GB
妻→ガラホ:ケータイパック、カケホーダイライト、スマホ:DMMシェアプラン 3GB
実家の母→FOMA携帯:プランSS(変わらず)、タブレット:DMMシェアプラン 3GB

docomo↓

dmm↓

以前が約月14000円
今回が月7096円
半額での運用となりました。2台持ちの方が安くなるというもアレですが……。
とはいえ、一括で購入したSH-01Jの月々サポート(972円☓2台=1944円)が丸々引かれているので、それが終わった2年後だと月9040円となります。その頃になったらいよいよ通話もMVNOを検討することになるか、docomoがまともな料金プランを出してくれていればいいのですが。

↓現在使用中のDMM mobileです。10%ポイント還元とわかりやすい料金体系でオススメ。

2台持ちとMVNOの欠点

料金は安くなりましたが、多少我慢するところはあります。

  • DMM Mobileの速度はdocomoに比べ時間帯で変動が激しい。我慢できないほどではない。
  • 2台の持ち運び・充電管理が面倒。
  • SH-01Jの電池持ちがイマイチ。スマホより持つが、ガラケーほどではない。
  • タッチパネルに慣れると、SH-01Jのケータイ操作が使いにくい。通話のみだからいいか。
  • SH-01Jの初期設定が面倒。通信が10MB/月超えないよう色々やる必要がある。

SH-01Jにはケータイパックという300円で10MBまで、あとは従量制でMAX 4200円2GBまでというパケットプランがあり、10MB超えなければ格安で運用できるわけです。
私は通話とキャリアメール以外はすべて2台目のスマホで賄うので、このガラホの通信量をいかに抑えるかというのが課題になりました。

SH-01Jのデータ制限設定をする

モバイルデータの制限

メニュー→設定→ネットワーク→データ通信設定→データ使用量→サブメニュー→

モバイルデータの制限にチェック入れて制限します。

制限サイズの指定

メニュー→設定→ネットワーク→データ通信設定→データ使用量→サブメニュー→

制限サイズ

にて、初期設定が5000MBくらいになっているところをキー入力して10MBに打ち替えます。
サブメニューで制限サイズの下の警告サイズ部分は、上記を設定すると自動的に5MBになりますので、特に設定しません。

これで、データ通信を10MBまでに制限できます。

アプリの動作の制限と停止

念の為、

メニュー→設定→ネットワーク→データ通信設定→データ通信制限
で、アプリの通信制限をします。私が制限しているのは下記。

  • LINE
  • OfficeSuite 頻繁に通知が出ていたため
  • SHshow 頻繁に通知が出ていたため
  • モバイルSuica なんとなく

iコンシェルなどのプリインストールアプリの機能を停止

続いては画面をうろつく羊他を抹殺します。

メニュー→設定→その他→アプリケーション

にて、すべてを選んでアプリを表示し、無効にしましょう。

  • iコンシェル関係
  • iチャネル
  • OfficeSuite

は通知がウザいので無効化しています。

また、メニュー→設定→ドコモサービス→ドコモアプリ管理→サブメニュー
から自動アップデート設定を選択し、“Wi-Fi接続時のみアップデートする”にチェックしておきましょう。

一度、モバイルネットワーク通信時にシステムアップデートをダウンロードしてくれて、10MB制限に引っかかってくれました。システムアップデートはいきなり始まるのでここは要チェックや!です。

バックグラウンド通信制限はどうする?

以上の設定+アプリのアップデートやメールの受信といったバックグラウンドでの通信を制限するとより10MB死守が確実になりますが、届いたメールを自分から更新しに行かないと見られなくなります。私的にはメール、メッセージR 40通/月程度なら5MBも超えないのでそこまでしていません。

LINEなどのアップデートしそうなアプリは前述機能でWi-Fi時のみに個別に制限してあるので問題ないです。

上記の対策で、私はSH-01Jで安心して10MBまでのデータ運用ができています。

そもそもdocomoが1GB/300円~500円くらいのプランにしてくれたらこんな苦労はしなくてすむと思うんですけど(怒)。

追記

DSDS(Dual SIM Dual Standby)のg08を手に入れたことで、SH-01Jを手放しました。

いろいろ罠にハマりましたが、なんとか快適なDSDSライフを送ることができています。

運用結果

購入代金33696円-dカードの特典クーポン21600円-月々サポート23328円-売却代金14000円=-25232円

月々サポート抜いても1000円チョイもうけなので、まあいい経験になったかと思います。
といいつつ、ミスしてケータイパック4200円/月フル課金されたのでマイナスでした。

コメント