Windows10を快適に動かせる安いビデオカード探訪 : スコア編

自作PC
スポンサーリンク

ジャンクなPCにWindows10を入れてみたら

ジャンクパーツや昔憧れたものの買えなかったパーツを揃えてマシンを組み、いざWindows10を入れたものの、CPUはPassmarkでもそこそこいい性能(2,000点以上)、メモリも8GBと十分積んだはずなのにウィンドウの描画やYoutubeの再生がモッサリとしています。

ソケットAM2+マザーボードとPhenomでのDDR2メモリー関係のトラブルシューティング記録
AcerPower1000でAMD沼にはまる AcerPower1000に手を加えましたが中途半端な性能で終わりました。サイズが小さいのはいいのですけどね。 ほんで、この検証で買ったPhenom X3 8450eを使いたくな...

思い当たるのはGPU性能。

SandyBridge以降のIntel Core i シリーズやAMD Aシリーズ、Ryzen GシリーズのiGPU(Integrated GPU CPU統合型)は下手なdGPU(Discrete GPU 別体)より性能が高くなっており、ゲームしないユーザーはGPU性能の高低というか存在を意識しなくなっています。

が、15年くらい前の今回組んだマシンのマザーボードに付いているAMD785Gチップセット内蔵HD4200や、Intel G41のGMA X4500といったオンボードGPUだとPassmarkで100点チョイあるため、そこらへん大丈夫かなと思っていましたが、全然大丈夫ではありませんでした。AcerPower1000のGeForce6150LEに至っては21点。

Sandybridge内蔵のiGPUのHD2000がPassmark300点くらいなので、このあたりのスコアを持つビデオカードを追加する必要があります。

ローエンドビデオカードを買えば解決……?

というわけで、描画のモッサリ感を解消するためにはローエンドビデオカードのGT710か、GT1030の新品を買えば解決ですが、GT710はDDR3メモリー版で4,000円弱、GDDR5メモリー版で6000円弱、GT1030は10,000円前後し、下手するとCPU+メモリー+ケース+電源代を超えてしまう場合があります。

かといって、変に安いカードを買うとiGPU以下の性能だったりして難しいです。

ということで、中古で安く(500円~2,500円)、HD2000同等かそれ以上と計算して買ったビデオカード、実際どんなもんなのか比較してみました。

比較したビデオカードは下記です。

名前 Radeon HD4200
(AMD785G統合)
参考
GeForce
GT 220
GeForce
GT 240
GeForce
GT 610
GeForce
GTX 650
メーカー AMD Zotac MSI GIGABYTE GIGABYTE
コアクロック 500MHz 500MHz 550MHz 810MHz 1058MHz
シェーダー数 40 48 96 48 384
DirectX 10.1 10.1 10.1 11.0 11.0
メモリーサイズ 512MB 1GB 512MB 1GB 2GB
メモリー種類 DDR2 DDR2 GDDR5 DDR3 GDDR5
サイズ オンボード ロープロファイル
1スロット
フルサイズ
2スロット
ロープロファイル
1スロット
フルサイズ
2スロット
Passmarkスコア 115 349 649 350 1835
最大消費電力 58W 69W 29W 64W
購入価格 1,500円 500円 1,800円 2,500円
ヤフオク平均相場
(送料別)
1,278円 1,220円 1,870円 2,862円

参考に、2019年ローエンドのGT710とGT1030の性能は下の感じ。

名前 GeForce
GT 710
(DDR3版)
GeForce
GT710
(GDDR5版)
GeForce
GT 1030
メーカー
コアクロック 954MHz 954MHz 1227MHz
シェーダー数 192 192 384
DirectX 12.0 12.0 12.0
メモリーサイズ 1GB~2GB 1GB~2GB 2GB
メモリー種類 DDR3 GDDR5 GDDR5
サイズ LP
1スロット
LP
1スロット
基本はLP
1スロット
Passmarkスコア 500程度? 692 2,209
最大消費電力 19W 25W 30W
代表的なもの

GT710やGT1030はメモリーがGDDR5に比べて安いDDR3やGDDR4版があり性能が落ちるので注意しましょう。昔は64bitや128bitのメモリーバス詐欺、今はメモリー種類詐欺があるのでメモリーのスペックは見たほうがいいです。

まあ、映ればいいというユーザーはコスト重視でいいと思います。

比較したPC環境

それでは続いて比較した環境について。

  • CPU : AMD Phenom X4 9350e 2.0GHz 4コア
  • マザー : GIGABYTE GA-MA785GM-UD2H
  • MEM : 8GB DDR2 800MHz (2GB x 4枚)
  • ストレージ : 120GB A-DATA SU550 SSD
  • OS : Windows10 1903

これでだいたい今のCeleron N4100(Passmark 2260)くらいの性能です。

Phenom X4のTDPはN4100の10倍ですけど(65Wと6W)!

CineBench R15の結果

後続車に幅寄せして事故らせる動画(悪意しかない説明)のfpsを計測しました。

OpenGLスコア結果

結果は下記でした。

1位~3位のHDグラフィックスは参考程度に見ておいてください。最近のCPU+iGPUはこれくらい出るということでご参考。

買ったものの結果は下記。

  1. GTX 650 : 37.76fps

  2. GT 240 : 31.92fps

  3. GT 610 : 17.70fps

  4. GT 220 : 16.40fps

  5. HD 4200 : 計測不能

GTX 650が思ったよりスコアが伸びませんでしたが、CPUがPhenom X4なので最近のCPUと組み合わせると60.00fps以上出ると思います。たぶん。100%GPU依存ではないはず。

ドラゴンクエストX ベンチ Ver1.51の結果

標準品質、画面サイズは1920×1080、フルスクリーンです。

スコア結果

  • GTX 650 : 5901 快適

  • GT 240 : 4242 普通

  • GT 610 : 2093 やや重い

  • GT 220 : 2068 やや重い

  • Radeon HD 4200 : 740 動作困難

FF14・15ベンチはやらないのかですって?

ロートルPCを殺す気ですか!?

 まとめ

GTX 650がダントツ性能になるかと思いましたがCPUの性能もあるのかそういうわけでもなく、かなり古い世代でCPUの世代とマッチしているGeforce GT 240が頑張っています。

ではGT 240がベストチョイスなのかというと、そのあたりは実際の使用感を次回見ていきたいと思います。

続く!

Windows10を快適に動かせる安いビデオカード探訪 : 実使用感編 GeForce GT 200系
前回のあらすじ 要約 : ジャンクパーツで組んだPCに新品ビデオカードを用意するのがもったいないので、ヤフオク!やハードオフのジャンクコーナーで買ってきたものでなんとかしてみた。 スコアはわかったけれど実際重要なのは リアルワ...

 

コメント