noctuaの80mmファンNF-A8をAMDリテールCPUファンと交換した

自作PC
スポンサーリンク

CPUファンのノイズが大きくなる

Phenom 9350eに付いてきたAMDリテールクーラーがキルキルキルキル言い出しました。

ソケットAM2+マザーボードとPhenomでのDDR2メモリー関係のトラブルシューティング記録
AcerPower1000でAMD沼にはまる AcerPower1000に手を加えましたが中途半端な性能で終わりました。サイズが小さいのはいいのですけどね。 ほんで、この検証で買ったPhenom X3 8450eを使いたくな...

東京マルイのシリコンメンテナンススプレーをファンの中央に流し込んでみましたが、相変わらず。

というわけで、静音ファンに交換しようと思い立ちました。

noctuaのNF-A8を買う

どうせなら今後も使えるイイモノにしようということで、

あの

高性能で

静音性高くて

ウ○コ色で有名な

noctuaの

NF-A8を購入しました。

相場900円くらいの80mmファンなのに2,199円。

さすがに注文する手が若干震えました。

ついに届いたnoctua

さすがに高級感が高い

ファンの箱なんてすぐ捨てますが、これは保存版ですね。またファン以外に色々付いています。

う○こ色などと言われますが、嫁はチョコレートみたいで美味しそうと言ってました。

付属品

  • 防振ピン
  • ネジ
  • 延長コード
  • 分岐ケーブル
  • ローノイズアダプター
  • 本体4隅に防振ゴムx上下2面 合計8個

さてnoctuaファンに交換

の前に……

リテールクーラーですが、しばらく放っておいたらキルキル音がなくなりました。

時間差でシリコンメンテナンススプレーが効いたのかもしれません。かなり静かになりました。

完!

というわけにはいかないので、交換はしますのでリテールファンを取り外します。

リテールファンは下記のようにツメで留まっているので力を入れて外し……と思いましたが、なんかリテールファンが小さい。

サイズが合わない!

よく見たら、noctuaファンのサイズが1周り大きかったです。

Phenom世代のリテールクーラーは70mmでした!

というわけでこのまま交換はできなかったので、運良くそこら辺りに転がっていたよくわからないヒートシンクをピックアップ。

防振ゴムを外してネジ止めしました。要精密ドライバー。

取り付け完了

下記のように取り付けました。

この色のマザーボード出ないですかね。色あせたファミコン色というか。

AMDリテールクーラーとnoctua NF-A8騒音比較

CineBench R15実行時で比較

AMDリテールクーラー装着時とnoctua NF-A8装着時でCineBench R15を3回回して騒音と温度を比較しました。

NF-A8にはローノイズアダプターは取り付けていません。回転数わざと落とすモノなので条件がアンマッチになるためです。

温度を比較

  • AMDリテールクーラー MAX 43℃ / MIN 30℃
  • noctua NF-A8 MAX 46℃ / MIN 30℃

noctuaの方が温度が高くなってしまいました。

変更したどこのものかよくわからないヒートシンクは厚みがリテールよりだいぶあるので冷えにくいのかもしれません。

ただその分熱くなるまでリテールより時間がかかる……か、どうかは不明。

騒音を比較

ワゴンRのノイズ測定以来の騒音測定器の出番です。

  • AMDリテールクーラー MAX 60db / MIN 57db
  • noctua NF-A8 MAX 59db / MIN 55db

おおー、さすがnoctuaです。静かになったリテールファンよりさらに1.5dbほど静かになりました。

実際にケースを開けてファンノイズを聞いてみても静かで、ビデオカードのファンの方がうるさく感じるようになりました

ケースを閉じると多少ケースファンがぼーというくらいでかなり静音になりました。

このあたり動画にしたほうがいいのかも。

まとめ

noctua、さすがに高いだけありました。

高いとはいえ色々なケーブルのオプション(買うと1本300円くらい)がついているのでファンだけで見ると結構妥当な価格かもしれません。

しかし、ファンだけあんまり買うと分岐ケーブルが溜まっていきそうですね。

コメント