Cedartrail、Cedarviewに搭載のGMA3600系マシンのWindows10と最新Linux対応は厳しい

パソコン
スポンサーリンク

GMA3600/3650とWindows10

Cedertrail世代のAtom(N2800など)に統合されているGMA3600というグラフィックチップがあります。中身はPowerVR SGX545というものです。

このAtom N2800が搭載されたマシン、マウスコンピューターのLuvbook m LB-150Sがあります。

で、このマシンが、というかGPUが32bit Windows7以外のドライバーが提供されていないため、Windows10へのアップグレードは互換性がないため実行できないという始末。

N270などの初代Atomはアップグレードできるのに不公平です。N270はアップグレードできてもトロくて使いものにならないですが。

インターネッツに漂っている情報によると、ドライバーを作っていたイマジネーションテクノロジー社がAppleとの間でごたごたして潰れたか事業精算したかで、最新版が提供できないとかそういう理由のためみたいです。ユーザーには関係ないですけど。

で、なんとなく最近のWindows10アップグレードプログラムを試してみたらすんなりインストールできたのですが、起動したら画面の解像度が800×600、ドライバーは非pnp標準ドライバーということでやっぱりダメ。

解決策はあるが……

解決策を探していたら出てきたのがこちらの海外サイト。

WINDOWS 10 AND INTEL GMA 3600: MAKING IT WORK

・最初に入っている非pnpドライバーを消す。
・Linuxなど別のOSで起動して、WindowsApps、SystemAppsフォルダーを消す or フォルダー名を変える。
・Windows7 32bit用のGMA3600ドライバーを入れる。

スタートメニュー、音量調整、WiFi設定など使えなくなるけど、Classic Shellやショートカットキー、代替ソフトでなんとかしてね、という豪快な対策です。

肝心のClassic Shellが開発終了してしまった今、厳しいですね。

ちなみに私はUSBに入れるタイプのLinuxがあるのでやってみようかどうか悩みましたが、どう考えても不便そうなので結局元のWindows7に戻しました。でも戻したらWindows7が起動途中でブルースクリーンになってしまったので結局7をクリーンインストールです。泣!

LINUXはどうか

Windows7、10についていけなくなったPCの最後の駆け込み寺LINUX。

ということで、今度はLinux入れて再生しようと思ったのですが、結果は下記です。

  • Linux mint 18.3 → 起動中にブラックアウト
  • Puppy Linux Xenialpup 7.5 CE → 起動中にブラックアウト
  • Zorin OS lite 12.2 → 起動中にブラックアウト
  • Fedora 18 → 起動中にブラックアウト

で、調べてみると先程のWindows10と同様、GMA3650のドライバ関係のようです。

やっぱりおまえか>GMA3650

許すまじ、Imagination Technology(もうほぼ潰れているけれど)

つーか、LINUXが起動しない有様なので、前述のフォルダーを消す技は使えないですね。

ということで、このCedertrail世代のAtomは実質Windows7 32bit専用決定です!

まとめ

D2500、D2550、D2560、D2700

N2600、N2650、N2800、N2850

上記のAtomは注意です!中古PC買う時は気をつけて!

コメント