ドコモのギガライトプランはシンプルになったが難しいぞ

ケータイ・スマホ

いつもドコモの文句を言っていますが、今回も文句の記事です。

前回のドコモ値下げの記事

2〜4割安!ドコモが減益覚悟の値下げへ しかしauの動きを見ると……
ついにキターーーdocomo値下げ宣言 2〜4割安!ドコモが減益覚悟の値下げへ 東洋経済オンライン-ロイター 一方auは。 「値下げはすでに終えている」――KDDI高橋社長、ドコモに追随した料金変更を否定 ITメディアビジ...
スポンサーリンク

前回の予想していたパターン

  1. 端末購入補助が廃止 その分プランは安くなる docomo withも廃止 プラスマイナストータルで結局変わらない
  2. 端末購入補助が廃止 その分プランは安くなる docomo withは継続 docomo with端末は格安SIM並になる
  3. 端末購入補助が廃止 プランがそれ以上に安くなる docomo withは廃止 今より数百円安くなる
  4. 端末購入補助が廃止 端末価格自体が安くなる プランも安くなる docomo with継続 今より数千円安くなる

結局、3.っぽい変更となりました。眺めてみると確かに現行の基本プラン+パケットパックよりはわかりやすく安くなりました。しかし、気になる点もいくつか。

  • SPモードはプランに込み(改良)
  • 契約者のステージでのプラン値引き終了(単身者には改悪)
  • 代わりに家族回線数により値引きされるプラン構成(家族には改良)
  • まさかのシェアパック廃止(個人的には改悪)
  • 今の所プランだけ提示され、端末価格がどうなるかは謎

なんとも微妙な改変が入っています。現在のうちの構成と比較して検証してみましょう。

ギガホ/ギガライト前後の携帯料金比較

前提条件

  • 回線契約人数は3人とする
  • 毎月一人1GBくらいの使用なので、ギガライトプランと比較する
  • 5分かけ放題2名、かけ放題1名とする

私一家の現在の携帯料金3人分はいくら

現在、ドコモとDMM Mobileの混成です。

  • 通話ドコモ:3人分で5,600円前後
  • データDMM:3GBシェアで2,058円
  • 合計:7,658円/月

しかし、この料金にはMVNOのDMMが入っていて比較土台がフェアではないので、この前提を今のベーシックシェアパックに変えたらどうなるかをシミュレーションしました。

  • 通話:5分かけ放題x2 3,400円 かけ話題2,700円
  • データ:ベーシックシェアパック5 6,500円 シェアオプション2人分 1,000円
  • その他:SPモードx3 900円
  • 合計:15,660円/月(税込)

うーん、高い!

私一家がギガライトプランにすると

ドコモサイトの頭にシミュレーションがあったのでやってみました。下記のようにポチポチ打っていきます。

結果9,762円となりました。

比較結果!

  • 現状:15,660円
  • ギガ後:9,762円

確かに4割減というのも頷ける額です。

さらに、今のうちのMVNOの7,658円ですが、月々サポートが1,944円引かれているので月々サポートが終わると9,602円となります。となると新プランはかなりお得!と思いましたが……。

手放しで喜べないところ

ギガライトプランで注意するところ

ギガライトは従量制のプランです。1GBに到達したら、3GBの料金になります。7GBまで料金がスライドしていくと結局前より高くなります。

下記の文言を見ると、1GBで止めて以降128kbpsみたいな1,980円での安定運用はできないようです。128kbpsは7GBから。

毎月通信量にびくつくのも嫌なので、スマホの設定にて1GBになったら通信制限をかけることはできます。

しかし、それをやると限界を迎えたときに通信自体ができなくなるのでヒジョーに困ります。DMM Mobileのように高速モード・低速モードの切り替えができればいいのですが、そのような機能はなさそうです。

5GBで制限がかかるシェアパック5的なプランが残っていれば、かなり安くドコモが使えていいなぁと思いましたが、ドコモ的にはそうは問屋がおろさないという変更になっています。

3人がそれぞれ3GBまで使うと

  • 現状:15,660円
  • ギガ後:12,762円

3人がそれぞれ5GBまで使うと

  • 現状:15,660円
  • ギガ後:15,762円

3人がそれぞれ7GBまで使うと

  • 現状:15,660円
  • ギガ後:18,762円

が、MVNOにMNPもしにくいッ……

いっそのこと完全にMVNOにしてしまえば、通話込データ8GBシェアの3人分で5000円と非常にリーズナブルです。

が、ドコモのようなMNOは家族間通話がタダなのと、完全話し放題プランがあるので私妻ふたりとも実家が遠い人間としては、通話はドコモのようなMNOがいいのですよね~。LINE通話にすっかな~。

まとめ

なかなか難しいプラン構成となりました。

とはいえ、ドコモに完全復帰を検討できるあたりまで料金帯が降りてきたのは評価すべきところかと思います。

シェアパック5的なものか、1GBでピタッと止まるプランがあればいいのですが、そこがないのがドコモのしたたかな戦略なのでしょうね。

ということで、政府はキャリアに値下げを迫るより、キャリアがMVNOに通話し放題プランを卸すように働きかけてほしいです。050のIP電話じゃなくて、普通の電話回線で。

コメント