ads.txtを入れてくれるプラグイン ads.txt admin

ブログ関係

急に出てきたads.txt警告

最近クリック単価が下がってばかりのGoogle AdSense。

その確認画面で急に出てきた下記の警告。

ads.txtとはいったいなんなんだと調べると、Googleに対するサイトの正当性の証明のようなものらしいです。

サイトのルートフォルダーに置くと、24時間ごとにGoogleがクロールしてくれ、ads.txtがあると正式サイトと認証してくれる模様。

このads.txtの構成は下記の4要素となっています。

広告主, 自分のID, アカウントの種類or関係, 認証ID

Google Adsenseの場合は下記になります。

google.com, pub-<ここは自分のID>, DIRECT, f08c47fec0942fa0

作って置いたのだけれど

自分でads.txtを作ってワードプレスサイトのルートに置いたのですが、相変わらずの下記の状態です。

サーバーにあるフォルダーのルートに片っ端からads.txtを置いたのですが解消されず。

今度はプラグインだ

一週間くらい攻防を繰り広げましたが、完全敗北。こういうときはプラグインに頼ります。

色々探して、いくつか試してみたのですが、おすすめは下記のads.txt adminです。

ads.txt adminの概要

インストールすると左側メニュー部分に選択肢が出てきます。

クリックすると、右側のような画面が展開されます。

4要素をそれぞれ入力して、Save ads.txt fileをクリックすると下のテキストボックスに文字列が追加されてセーブされます。これでads.txtが自分のワードプレスのサイトのルートに置かれました。

1日経つと↓は消えます。消えているはずです。

このプラグインは英語版ですが、ボックスに必要事項を入れるだけの手軽さなのでおすすめです。

プラグインのサイトは下記になります。

Ads.txt Admin
Ads.txt Admin is a simple tool that allows you to manage your ads.txt file from you WordPress dashboard.

自作のads.txtで警告が消えなかった原因は?

しかし、プラグインと同じ場所に自分で作成したads.txtを置いていたのに、警告が消えずプラグインのads.txtを置いたら消えたというのはなにか解せません。

テキストファイルの文字コード形式が関係あるのかなーと思って、プラグインが作ってくれたads.txtを保存して中身を見たのですが、UTF-8だったので自作のものと変わりませんでした。

ま、解決したから良しとします。暇があったら引き続き調べていきたいです。

コメント