怪しいネット端末TD700はやっぱり怪しかった

VIA C3

オークションでTD700という端末を落としました

価格は300円でした。

こちら、ユナイテッドパワーというマルチ商法の会社の商材だった模様です。
機械に罪はないですが、過去の経緯をググって見ると、なんだかなあという感じになります。

で、届いたTD700。こう見るとただのDVDプレイヤーかレコーダーに見えます。
ただし非常に重いのです。

裏側を見てみると、どう見てもパソコン。
ラベルにはMade in KoreaのネットセットトップボックスTD700の旨が書いてあります。
Made in Korea……うっ、初期のソーテックPCがMade in Koreaで電源が1年せずぶっ壊れた嫌な思い出が……。

フタを開ける

中を開けると、PS/2端子が外からフタされています(下の写真右上のコネクタ)がMini-ITXのパソコンでした。
このMini-ITXボードがC3 800AMHzで、いわいる前回紹介したEPIA-C800とほぼ同じなのです。

中身は下記でした。

  • EPIA-C800互換っぽいMini-ITXボード
  • メモリ256MB
  • 40GBのWestern Digital社製の3.5インチHDD
  • 5インチベイ用のATAPI DVD-ROMドライブ
  • 150W前後の変な形の電源
  • 中身はスカスカの割にやたら頑丈で重いケース。

状態はすごく良くほぼ未使用品だと思います。
レガシーデバイスが再利用できそうだと喜んだのですが、電源など各コネクターがぶ厚いホットボンドでガッチリ止められていて閉口。これを取るのはなかなか骨が折れそうです。なのでこれをバラすのは一旦諦めました。
*後で取りました。手でぐいぐいやったらすんなり取れました。笑。

↓IDEコネクタですが、右はガッチリとボンドで止められていますが、左側はボンドがコネクタにかかっていないので外れます。作りが雑。

電源が変な形。ATX電源ぽくはあるのですが。

起動してみた

そっとネジを締めて起動すると、何事もなく起動しましたが起動画面が濃ゆい。

シェルも濃ゆい。
ケースの外にWindows XP 組み込みバージョンと書いてありますのでそれベースなのでしょうが、頑なにWindowsのシェルは出さないUnited Powerの謎シェル。画面サイズは640×480で使いにくい。そしてUPと関係ないであろう、料理バンザイの人(滝田栄)主演の映画の紹介が延々と流れます。

*製造元のサイトのアーカイブスを見たら、UPのシェルはただのロゴ替えだったようです。
↓が製造元のオリジナル。この製造元も現在ホームページがなかったり上場廃止だったりで怪しい。

動作はC3なのに意外と軽いですが、パソコンのファン音がうるさいです。
ネットに繋がっていないと、ゲームかDVDくらいしかできません。このご時世このPCでネットに繋げるのは恐ろしいので、移動テトリスみたいな謎ゲーを10分くらいやって飽きたのでDVD再生を試してみました。

最近ドラマでリメイクされたユル・ブリンナーのウェストワールドを再生したのが下です。
見れなくはないですが、当時よくあったソフトウェア再生画質ですね。

一通り見てみたあと、どーやっても普通のXPにできないのでHDDはフォーマットしました。
さらば変なUPシェル。

BIOSロック解除

ちなみにBIOS画面はロックがかかっていますが、00000000で解除できました。
このBIOS、CPU温度が見られるのですが、分厚いケースの保温性のおかげかCPU温度が71℃と高すぎます。たったの800MHzなのに。なんとかガワを横置きPCケースとして再利用できないかと思っていたのですが、重い上に電源ファンの穴以外通気口が空いておらず、実際これだけ熱がこもるので再利用は諦めます。

まとめ

結局、パーツは下記対応にします。

・マザーボード:予備に取っておきます。

・ケース:保温性が高く、マザーが熱で死にそう。あとPS/2コネクタはあるが、穴が空いていないので再利用保留。

・HDD:なんとか使えそう。

・DVD-ROM:なんとか使えそう。

・電源:これどういう規格なのであろうか。。。SFX?

ということで、HDDとDVD-ROMドライブ以外置物になりそうです。

このマシンには、構成的にはただのロースペックXPマシンなのに、機能をだいぶ削ぎ落とされ変な会社のネット専用の端末にされたあげくマルチ商法の商材にされてしまった悲哀を感じました。
パソコンってのはもっとこう自由に使えるアレでコレだと思うのですよ……。

TD700の参考リンク

この人のはホットボンドがないバージョンだった模様。

コメント

  1. […] TD700から剥ぎ取った3.5インチハードディスクや、ベゼルのないDVD-ROMドライブを取り付けます。 このケース、パズルみたいな構造になっていてイライラ面白かったです。 […]

  2. […] VIA C3の主戦場は、前にも紹介したNSBのような組み込みシステムです。 […]