ASUS eeePC 1015PXにWindows10を入れていた 冷却編

ASUS 1015PX

なんとか冷却しよう

Windows10を走らせているとあっという間に温度が上がってしまう1015PX様。

なんとか冷却しようと冷却シートを買ってみました。

サンワサプライ ノートパソコン冷却パッド

1個当たり四角いピップエレキバンみたいなサイズです。

触ると冷たいので、期待が持てます。

再分解し8枚取り付け

SSDを取り付けた時の写真がなかったので、最初の分解時の写真から。

赤い■が内部に取り付けたトコロ、青い■がPCの外に取り付けたものです。

まず左の銅色のヒートシンクですが、冷却シート貼る以外にも一手間加えてます。

ヒートシンクを外してまずファンを掃除、CPUのグリスを塗り直し。

その上で、ヒートシンク右側のチップセットとヒートシンクの間にあったポリグリップSみたいなゲル状の接着剤を剥がして冷却シートに置き換えです。

その後、ヒートシンクを取り付け直してファン上の凹んだところに1枚とチップセットの上に1枚

SSDの上のチップが入っていそうな部分(SATAコネクタ側)に2枚(120GBなので、SATAコネクタより遠い側はきっと基盤が入ってない)

その後良いスペースがなかったので、パソコンの裏のCPUで熱くなるあたりに3枚貼りました。

そして結果

前↓

後↓

CPU・チップセットはMinimunが70℃→53℃と大幅減だが、計測タイミングの関係だけかもしれない。
SSDはMAX60℃前後→50℃前後 これは効果あり

CPU変化なしとしましたが、熱くなるまでが遅くなり、冷たくなるのが早くなった気がします。

ただ、やはり精神的によろしくないのとサクサクではないので結局WindowsXP SP3をインストールしました。うーんサクサク。

ただ、ライセンス認証で初の謎のインターネット接続不可エラーが出てどーにも進みません。

SP3でーIE8でーIEの設定もしてーあるのになぜかダメ。

Wi-Fiも固定LANもテザリングでもためしたけどダメでー。

IE8のシステム設定にて、インターネット使用不可になっているので、設定がおかしいのではないかと思います。

再インストールするか……。その後。

おまけ 1015PXのWi-Fiドライバー

ASUSの公式サイトのWireless LAN driverが3つありますが嘘ばっかりです。

正しくは下記のインテルのサイトからです。

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/27239/Wireless&?#8211;PROSet-Wireless-Centrino-N-6205-

また、Wi-Fiをインストールするときはカスタムモードでインストールし、ドライバーのみにした方がいいです。ユーティリティソフトがうっとおしいので。

Windows7環境でのWi-Fiドライバーについて

Windows7だと上記リンクのファイルが使えないのです。

Intelのドライバー集だとバージョンが新しすぎて(Ver 20.X.X)ノンサポートの模様。

ということで下記のLenovoから古いバージョン(Ver 14.X.X)をダウンロードしてきたら使えました。

https://pcsupport.lenovo.com/pe/en/downloads/ds008126

コメント

  1. […] 前回までのあらすじ2 冷却+Windows XP […]

  2. […] 続く。 […]