CyberLink PowerDirector10をWindows10バージョン1809で安定させるのに難儀した話

パソコン

CyberLink PowerDirector10がすぐ落ちる事案発生

断続的に、4年半くらい前に買ったCyberLinkのPowerDirector 10という動画編集ソフトを使っているわけです。
直感的に使えて、結構凝った演出もできて5000円弱でしたので重宝しています。

大昔バイク車載動画などを編集して底辺Youtuberまがいのこともやっていましたが、パッとしなかったのでしばらくお蔵入りしていたものの、最近ベイビーちゃんが産まれたので成長動画・祝いの動画を編集してジジババに贈ろうとしたわけです。

が、11月半ば頃まで何の問題もなく動いていたこのソフト、12月半ばに久しぶりに編集した動画をDVDビデオにして焼こうと起動すると落ちまくりです。何やってても3分くらいで落ちます。ウルトラマンか!というほどの短稼働時間ぶり。

抗うものの

GPUのHD630のドライバーをアップデートしたりロールバックしても変わらず。

ソフトを再インストールしても変わらず。しかも再インストールして編集ファイルがおかしくなったのか、下記エラーが出てメイン動画が焼けなくなりました!

アプリをアンインストールしたり、祈祷したりしましたが変わらず。

ようやく真因を見つける

11月→12月での変化点を考えました。

調べるといつの間にかWindowsのバージョンが1803→1809になっていることを突き止めました。

そういえば1週間くらい前、Windowsを起動したらEdgeでWelcome to October Update なんとかが出ていた気がします。

ただの宣伝かと思っていたのですが、アップデートされたことのお知らせだったのでした。

“システム→更新とセキュリティ→回復”からアップデート10日間以内であれば元に戻せるということで開いてみると、運良く元に戻せる期間内だったので1803に戻しました(いつでも戻せるようにせい)。

1803に戻すと強制終了しなくなる

今までの強制終了が嘘のように元気になりました。

しかしいつまでも1803のままでいるわけにもいかないので、対策を探します。

アップデートパッチを探し当てたものの

CyberLinkのサイトでアップデートを探し当てました。

ダウンロードしましたが、普通に実行しても、管理者権限で実行してもKonozamaです。
証明書が2015年で切れているせいの模様。

ブロックされるアプリを無理やり起動する

“コマンドプロンプト→管理者として実行”をして、コマンドコンソールからポチポチと入力してフォルダ移動し、ファイルを指定して実行すればなぜか実行できます。

作業↓

  • <ドライブ名>:\
  • cd <移動したいフォルダ>
  • <実行したいexeファイル名>
  • フォルダの中身を確認したいときはdir、中身がすごい勢いでスクロールするときはdir /p

PowerDirectorをこれでアップデートして、Windowsをまた1809にアップデートしなおすと無事に動きました。

結論

今はいいのですが、Windows10 1903にアップデートしてまた同じことになると困ります。

PowerDirector10はAmazonでPowerDirector Expert4としてまだダウンロード販売されていますが、ソフトとしては2012年ともう古いので、そろそろ別のソフトを選んだほうがいいです。とはいえ最新バージョンは15,000円オーバーで高いし、Office365商法の1年契約版は6000円くらいですが、1年契約しても果たして1年で何回使うかわからないので元が取れなさそう困ります。

ということで、5000円前後とPowerDirector10と同額のコーレルのVideoStudio 2018などがいいかもしれませんね。乗り換え先としてちょっと狙っています。

おまけ

嫁のPCだと問題なくPowerDirectorのアップデートが実行できました。まだWindows10のバージョンが1803だったからでしょうか。にしてもなんか納得いかない。

追記

DriverBoosterというフリーソフトで各ドライバーのアップデートをしていたのが原因かもしれません。

インテル純正のドライバー更新アプリでビデオドライバーを更新すると無事に動き出しました。うーむ。


ご感想・ご意見・訂正などお待ちしております。

お気軽にコメントください!ただしスパムは勘弁してください!


関連コンテンツ
パソコンAmazonWindows
シェアする
さびなーる

コメント