下方修正がかかった?Passmark Score 2020年以降とそれ以前の違い

パソコン
スポンサーリンク

3月前後で変わった?Passmark CPU benchmarksのスコア

PassmarkのCPU Benchmarksをよく見ている私ですが、2020年3月以降からPassmarkのバージョンが変わったのか、スコアが下方修正されています。

PassMark Software - CPU Benchmarks
PassMark Software - CPU Benchmarks - Over 1 million CPUs and 1,000 models benchmarked and compared in graph form, updated daily!

例えば……

お名前 以前のCPU Score 最新のCPU Score 増減率
Intel Atom N570 571 374 -35%
AMD E1-2100 614 416 -32%
Intel Core2 Duo T8100 1,291 862 -33%
Intel Celeron 2955U 1,420 918 -35%
Intel Core2 Duo T8300 1,480 743 -48%
Intel Celeron 3855U 1,680 1,410 -16%
Intel Core i3 3120M 3,219 1,948 -39%
AMD Athlon 200GE 5,039 4,877 -3%
Intel Core i7 7700T 9,214 7,924 -14%
AMD Ryzen5 2600 14,045 13,231 -6%

ローエンドのCPUがかなり影響を受けて下がっているのと、Intel系のマイナス補正が高いです。

ここ数年色々と出てきたIntel CPUの脆弱性を織り込んだものか、新しいPassmark?の計測方法が変わったのかわかりませんが、Intel・AMD・VIA含めて全体的にマイナスになっています。

しかし、Core2 Duo T8100とT8300で性能が逆転していたり、このスコアボード一覧、まだ変わったばかりなのかおかしなところがところどころあります。もう少し様子を見たほうがいいのかもしれないですね。

Windows10のボーダーラインは?

前述でまだ様子見と言いましたが、現在のこのスコアボードを参考にしてWindows10が快適に動くボーダーラインを考えてみます。

実際の使用感覚的には、Celeron2955Uで余裕な感じです。こちらは旧スコアで1,420点。これが新スコアで918点とかなり落ちてしまいました。

とはいえやはり実際に使ってみるとナカナカ良いので、

1,000点くらいが新PassmarkスコアでのWindows10ボーダーライン、

といえるでしょう多分。

後残念なところ

今回のスコア変更でリストの内容も変更され、ローエンドもローエンドになってしまったPentiumIII-Sや、VIA-C3のSamuel2コアなど、もうほとんど誰も使っていない忘れられたCPUのスコアも載っていたのですが消えてしまいました。

スコア2とか3とかのネタ要員というか、CPUの進化を感じさせてくれる歴史的CPUたちが消えてしまったのは残念です。今回の変更で0になってしまったため排除されてしまったのかもしれませんが、切り上げてスコア1でもいいのでリストアップして欲しかったナァ。

なんて。終わり。

コメント

  1. 774 より:

    シングルスレッドスコアで上位に並んでたAMDチップが軒並み下位に追いやられました。
    なんか大きく変更があった感じで、twitter見てると買収なんじゃ?って記事も見受けられるぐらいですよ

    • makkochan80 makkochan80 より:

      情報ありがとうございます。

      シングルスレッドのスコアはまだ見ていなかったのですが、
      見てみたら露骨に順位変動していますね……。

      中身もIntel AMDともに旧世代のものが上位に来ていたりと
      ちぐはぐで、この状態が続くとPassmarkは信用できないですね。。。