11.6インチモバイルノートパソコンとそのキーボード

パソコン

発端はキーボード

中古のhp EliteBook2170Pを買いました。

というのも、寝転がってブログをぱちぱちと打つためのちょうどいいPCが欲しかったからです。

10.6インチのASUS 1015PXと13.3インチのmouseのLuvbook-Jがあるにはあるのですが、10.6インチだと若干小さく、13.3インチだとまあいいのですが、この13.3インチPCのキーボードのクセが強いので困っていました。

私は絶滅危惧種のかな入力者なので、キーボード全体をまんべんなく使います。そのため、キーボードの配列が結構重要なのです。ということをLuvbook-Jを使ってようやく気付きました。別途外付けキーボードを使えばいいやんというご意見もあると思いますが、そうするとかなり場所を取るのでやっぱりもともとのキーボードって重要です。

CPU>ストレージ>キーボード>メモリ>液晶>他……くらいの順で重要だと思います。

2170Pのキーボードは下で、11.6インチモバイルノートサイズにしてはきっちりとした形です。右上の”へ”キーと”¥”キーが小さいのが惜しいですが、それ以外は良い出来です。あまりhpのPCは興味がなかったのですが、キーボードという視点から調べていくとかなりしっかり作っているモデルが多いです。法人向けも多いので、キーボードの部分は作りこんでいるのでしょう、たぶん。

手持ちの1015PXのキーボード

手持ちの1015PXは意外や意外、結構きちんと作ってあります。が、OSがWindowsXPなのであまりWordPressを使いたくないというかインターネットにつなぎたくないのと、キーボードのサイズが小さめでパチパチサクサクとはいきにくいためです。サイズ的に私にはちょっと手が余るのと、右下の”ろ”キーが小さくてタイプミスが多くなるのと、右シフトキーが小さめなので、クセでつい右シフトキーを使う時があるのですが、その時はかなり窮屈にタイプすることになります。

で、問題のLuvbook-Jのキーボード。
2016年モデルなのですが、かなりキーボードが変態仕様なのです。後継モデルで現行のm-book-Jも変態仕様は引き継がれています。下の画像はluvbook-Jのものですが、Enterキーの左側のキーが異常に長いです。読点をタイプするときにはだいぶ指を伸ばさないと”ね”まで届かず”る”の句点を押してしまいます。これがまた結構不便です。Enterキーなど外側のキーの方を大きくしてもらえれば解決すると思うのですが、外国語キーボードとの共用などで難しいのでしょうか。

ということで、ミスタイプが多くてイライラするので基本ネットメインで使うようにしています。

同じ13.3インチのhpのprobook 430 G5だとBackSpaceキーやEnterキーを大型化して、タイプに影響ない理想的な配列になっているので、mouseもできないことはないと思うのですが。

では各社の11.6インチモバイルノートはどうなのか

ASUS Vivobook系

右端の”¥”キーが小さい以外は意外にもオーソドックスな配列。
キートップの英語がひらがなより主張しているのがなんとなく気に食いませんが、タイプはしやすそうです。

200HA

200NA

X205TA

Lenovo系列

これも意外で、LenovoのideaPadS120はEnterキー周辺が若干小さいですが慣れの範囲だと思います。情けないのはNECで、Enterキー周辺が小さいのと左端の全角/半角キーの位置も変なところになっています。日本電気なのにこれでいいのか。

ideaPadS120

Lavie NM

DELL

Enterキー周辺キーが小さめですが、影響はそこまで。
それ以外のキーはちゃんとしたサイズになっていて使いやすそうです。

Inspiron11 3000

mouse computer系列(iiyama)

13.3インチモデルがひどかったので、また変態キーボードと思いきや、11.6インチは結構まともな配列です。右側の”¥”キーと”ろ”キーか若干小さく、”め”キーがなんか大きいねというレベル。

mouse computer m-book C

iiyama style-11HP013-C-CES

*mouseと同じでロゴが違うだけなので写真割愛

“め”キーを大きくするなら”ろ”キーを大きくすべきじゃないの?という謎は残りますがNECよりだいぶましなレベルだと思います。

VAIO

VAIO S11

“¥”キーが若干小さい以外はタイプしやすそうです。お値段が若干高いですが、それだけのことはあると思います。

富士通、東芝は11.6インチノートPCが2018年9月現在なかったので紹介なしです。

まとめ

11.6インチノートパソコンのキーボードはどのメーカーも意外とまともにできているということがわかりました。11.6インチモバイルノートはパソコンのユーザーはビジネスマン→出先や移動中にタイピングをよくする→キーボードの配列が重要、ということなのでしょうかね。逆に液晶サイズが大きなノートは据え置きでエンターテインメントでよく使うから、キーボードのタイプしやすさは優先度が高くないのでしょう。

ただ、キーボードの配列は後からどうにも替えられない(替える強者もいると思いますが)部分なので、タイプする人は購入対象のキーボードをよく見て買ったほうがいい部分だと思います。

コメント

  1. […] 経緯はこちらで確認。 […]