9月の新車販売台数 普通車と軽自動車

クルマ

2018年9月の乗用車ブランド別新車販売台数(普通車編)

9月の新車販売台数が出ました。→自販連のホームページ

最近はノート・セレナが結構コンスタントに売れているのでそうでもなくなりましたが、3月・9月の期末は日産が台数を伸ばす季節です。というわけで、9月は日産ノートが販売トップです。

赤枠はFMC、もしくはMCが最近あった車種。

注目は最近FMCしたスバル・フォレスター、ホンダ・CR-V、新型の三菱・エクリプスクロス。

  • 6月FMCのフォレスターはあまり代わり映えがしない(失礼)FMCですが、5000台オーバーで大健闘。そろそろ初期受注13500台を消化しきった頃だと思いますので、来月からどうなるか見ものです。
  • CR-Vは寂しいスタートです。販売店登録のものもあるので、2~3000台行きそうなものですが、938台。
    日産のセダンと同じく、海外モデルを持ってきて売る形なので、あまり力が入っていないのでしょうか。
  • 847台のエクリプスクロスは会社のイメージと価格を考えると健闘している形と思います。
    海外では結構売れているようですが、やっぱり日本だと厳しいですよね~。

2018年9月 軽四輪車 通称名別 新車販売速報

いくつか順位が変動していますが、いつもの結果ですね。

注目のジムニーは納車台数が伸びていません。
夏休みの終わった9月なので2500台は超えると思ったのですが、海外割当分を優先したのか、どこかのサプライヤーが音を上げているのか、年末までこの調子だと納車待ちユーザーのフラストレーションが溜まりそうですね。

また、個人的にデザインがイマイチなスペーシアが健闘中です(乗っている方スミマセン)。
パレット時代から相変わらず、車が縦長で細く見えるテールランプ配置がもったいないなぁと思っているのですが、中身の良さで売れているのでしょうか。ワゴンR、イグニス、スペーシア、クロスビーと最近のスズキ車は個人的にテールランプやリアのデザインに残念感のあるものが多いです。

↓この位置にテールランプがあると、軽自動車の幅の狭さが目立ってしまうと思うのですが……。

また、タントとデイズルークスがモデル末期なので、競合車がFMCした後スーパーハイトワゴンランキングがどうなるか見ものですね。

2018年9月 ボンバン+箱バン勝手にランキング

そろそろ失速するかと思ったN-VANが健闘中です。

N-VANと似たようなコンセプトのダイハツ・ハイゼットキャディは相変わらず2桁です。

ですので、今の需要はアクティ・バモスからの乗り換えに支えられていることと、一人親方需要、ハイゼットキャディが結構なやっつけ車(後席なしだけれどもレッグスペースは残ったまま)などでN-VANに集中しているのでしょうか。

コメント