ワゴンR(MH34S) 静音計画4 : 前席下にエーモン 音楽計画を入れ効果を騒音計で検証

クルマ

静粛性向上作業を集めたワゴンR(MH34S)コーナーはこちら

静音計画1
静音計画2
静音計画3
静音計画4(これ)

数字は残酷です。

スポンサーリンク

エンジンルームに続き……

前回のフロアにロードノイズ低減マットを入れましたが、続いて吸音材のエーモン・音楽計画にトライ。

やっぱフロントタイヤのロードノイズが1番うるさいので、そこに直接施工するこのアイテムへの期待が高まっております!

いざ施工

こんな感じのゴミ ニードルフェルトとテープが入っています。

まずは内張りを剥がしていきます。
内張り押さえになっている右側のプラ内装パーツを外していきます。

赤枠の部分はプッシュリベットで止まっているので、真ん中のポッチを太めのプラスドライバーなどで押すとポコッと外れます。その後、黄色枠の部分に内張りが引っかかっているので外します。

元々の内張りの下にニードルフェルトを増し増しして差し込んでいきます。
2つに切って、タイヤハウスの部分に被るように1枚、センターコンソール部分の何もない部分を覆うように1枚被せてテープで貼りました。
その上に、以前敷いた防音シートをフロアに被せています。

助手席です。

こちらも同様にプラ内装パーツを外して、2枚に切ったフェルトをタイヤハウス、ノー防音のセンターコンソール部分に貼り付けます。相変わらず助手席だけ発泡スチロール敷きなのが気になります。

防音シートを上から被せ、内張りを元に戻して完成です。

運転席のアクセルペダルに干渉しそうなまでにモコモコ感が増した内張りに、防音効果への期待が高まります。

いざ実走

以前まで

前回と今回(吸音材敷いた)

数字は平均も最大も最小も何も変わりません。
ただし、グラフを見ると、走行中のdbが小刻みに下がっていますので、効果は少し出ています。が、平均値が下がるほどではないのが残念です。

実感としては、ロードノイズが少し減って、今度は風切り音が気になるなぁという感じです。
正直、短期間で色々やりすぎて、元々との違いがよくわからなくなりました。

次回予告

  1. ンネットに静音計画を貼る
  2. フロントにニードルフェルトを増し貼りする
  3. バルクヘッドにエプトシーラーを貼る(静音計画で代用した)

全部やりましたが、3.で使っていないエプトシーラーが残っているので、ドアの縁に貼り付けて防音効果を確かめたいと思います。そろそろファイナルにしたい。

コメント