新型DAYZ 2019年3月28日発売開始! デザインを犠牲にして室内空間優先か

クルマ

新型DAYZ 2019年3月28日発売開始

色々ありすぎて名前が変わるかと思っていました日産DAYZ、三菱ekワゴン。

昔の名前で出しますというわけで、そのままの名前で新型として三菱水島工場(水島臨海鉄道の終点)で本日ラインオフ式があり、ついに秘密のヴェールが解かれました!

ハイウェイスター、新型と旧型。

ノーマルX、新型と旧型。

秘密のヴェールは秘密のままで良かったかもしれません……。

下ぶくれ、ガチャ目でどーしてこーなった感があります。

どーしてこーなった分析

ホイールベースが長くなり、エンジンルームが小さくなる

  • Aピラーが立っている→エンジンルーム小さくして室内空間拡大
  • フロントバンパーが薄くなる→ホイールベース長くして室内空間拡大
  • リアバンパーも薄くなる→ホイールベース長くして室内空間拡大
  • 給油口とリアタイヤの位置関係を見ると、新型の方がリアタイヤの位置が後退しているように見える→ホイールベース長くして室内空間拡大
  • リアなど四角くなる→ラゲッジルームの有効スペース拡大

というわけで室内空間優先だと思います。

サイドもなんだか平らに

サイド面ですが、MH55SワゴンR並にドアハンドルの出っ張りが減っています=ボディを目一杯広げたかと。その分室内幅は広くはなっていると思います。でも、このドアハンドルタイプはつかみにくいのですよね。

fromインプレス

そして、下記リア部分を見てみますと、なんかリアバンパーが薄くて末端の切れ方が現行ムーヴみたいな感じがあります。ホイールベース延長のためでしょう。さらに、ナンバーがバックドア側に移動しているので、室内空間拡大のために今より低床なプラットフォームにしたのかもしれません。

こんな感じで見ていくと、室内空間優先の中でなんとかデザインを入れようと頑張った感は理解できます。

フロントチョビヒゲの中身はプロパイロット用センサーか

ハイウェイスターのVモーショングリル下の部分、ノーマルもチョビヒゲっぽく開口しています。
正直カッコわりーと思いました。

ハイウェイスターのVモーショングリル下の部分を拡大してよく見ると、なんかセンサーっぽいものが見えます。多分これはプロパイロットのセンサー部分かと。

下記Xも開いているので、Xもプロパイを付けられるのかもしれません。そうでないと、バンパー内バンパー的なデザイン(ミライースとか、GT-Rとか)に見せるにはちょっとこの開口部が中途半端な感じがあります。

ただ、次の内装の項を見てみると、Xのインテリアには足踏みパーキングブレーキが付いているのでプロパイは付けられないのでしょうかね……残念。

内装は85点!

内装はハイウェイスターもノーマルも高級感あってとてもいい感じです。

ハイウェイスター

ノーマルX

いいなと思ったところ

  • インパネの質感(まあまだCGですけど)
  • シートの質感
  • タッチパネルエアコンが風量部分だけになった?ようなレイアウト
  • Xグレードでもステアリングスイッチ付き
  • 大昔乗っていた2代目トゥデイのようなフローティングパッドっぽいインパネ

-15点と思ったところ

  • ノーマルXに足踏みパーキングブレーキがついている→プロパイつけらんないのか? +-0点
  • ドリンクホルダーが露天掘りやないか!プッシュホルダー死守せんかい! -15点

謎な点

このドア下のギミックは何なんでしょうか。

ジムニー的なロックボックスだったりするんでしょうか。んなわけないか。

まとめ

とりま、週末デイズルークスの点検なので、ディーラーに行ってカタログを強奪してきます。ないとは思いますが、カーテンエアバッグ標準装備じゃなかったら暴れてきます。


ご感想・ご意見・訂正などお待ちしております。

お気軽にコメントください!ただしスパムは勘弁してください!


関連コンテンツ
クルマ新車あれこれ日産
シェアする
makkochan80をフォローする
さびなーる

コメント