Aspire5100で仕立てたファイルサーバーの電気代

パソコン

これまでのあらすじ

ファイルサーバーPCを作る準備その1 : Windows10 HomeでGuestアカウントの有効化
ファイルサーバーPCでHDD共有にトライ やっぱNTFSか、exFATフォーマットで…… 今XFSフォーマットでWXR-1750DHP2に疑似NASとして接続している1TBx2個のHDD。 フォーマットがLinuxのXFS...
ファイルサーバーPCを作る準備その2 : 引退したPCを再生して構築
前回はこちら 余っているPC再選定 前回1015PXを選定いたしましたが、時々使うことがあるのと思う所あり、やっぱりやめました。 ということで、ドスパラのノートPCを使うことにしました。下記の5102AMPです。ドスパラと...
Aspire5100の再生とAtomもっさりの謎
今回紹介するPCをファイルサーバーに使った記事はこちら Aspire5100というマシン このマシンの最初のスペックは35Wのかなり熱を持つAMD Turion64というCPU、搭載メモリーが512MB、OSがWindows V...

上記の記事をまとめると、ロジテックのガチャベイLHR-2BRHU3をバッファローの無線LANルーターにつなげてNASみたいにしていました。が、しかし。

  • ガチャベイに実装されているRAID1機能が発揮できない
  • 転送速度が遅い
  • 時々理由がわからずHDDをロストする
  • 何かあった時にWindowsで読めないフォーマット

ということで、Aspire5100(正確にはAcer Aspire 5102WLMiみたい)というボロノートPCを再生させてガチャベイをつないでファイルサーバーとして使うことにしました。

しかし、これがなかなかCPUのTurion MK-38がシングルコアですがキビキビ動き、予想外に便利に使えている今日このごろです。

気になるランニングコスト

ファイルサーバーとなったAspire5100、1ヶ月くらい連続運用しまして、熱で落ちたりすることもなく、色々とこなれてきて落ち着いて運用ができるようになってきました。となると気になってくるのはランニングコストの電気代となります。

余ったパーツをかき集めて作った環境なので、イニシャルコストは追加した4GBメモリー2000円分くらいなのですが、CPUのTurion64 MK-38はTDPが35Wもあるので電気代がかさみそうで特に怖いです。

ということで、電気代をモニタリングしていたので、チェックしてみます。

25日分の
記録
電気代(円) 消費電力量
(kWh)
4月19日 0.0円 0.00kWh
5月14日 397.8円 14.60kWh
1日あたり 15.9円 0.58kWh
1ヶ月あたり 493.3円 18.10kWh

1ヶ月約500円弱です。1kWh=27.2円で計算しているので若干高いかもしれませんが、まあジョイフルのワンコインランチくらいでこういう環境を得ることができました。

安いのか高いのか?と言われると比較対象がないのですが、今の省電力CPU、10W CPUとか5W CPUがある中では高めだと考えられます。

最新の省電力CPUとプラットフォームでファイルサーバーを作ると、半分くらいの電気代になるような気がします。Surface Goなんかや、Gemini Lake CPU搭載のMini-ITXマザーボードなどでトライしてみたいですが、家の中のファイルサーバーだけの用途にPC作るのもモッタイナイですね……。

ちなみに電力をモニターした機器

トップランド 電力表示器エレモニーM075です。

電気代、電力消費量、時間あたり消費量画面が自動で切り替わり、ボタンなどで切り替えられないのが弱点ですが、2口コンセントがあってシンプルでお安め。

コメント