新型N-WGNを四方八方から観る

クルマ
スポンサーリンク

N-WGNも新……しく?

2019年7の月、デイズに続いてN-WGNとタントが立て続けにFMCするのは周知のところでございます。

*N-WGNはどこのかわかりませんが部品供給不足で8月に延期となりました。

以前から下記のようなリーク画像が出ていましたが、どー見てもN-BOXかN-VANで、あくまでパワートレインやシャシーのテストをしているんだろうなと思いました。

が、新型のティザー画像を見てびっくりです。

レトロモダンになった

最近の車らしく尖っていたデザインから一転して、ステップバンをオマージュしたようなゆるカワレトロ系に変身しています。これであれば先程の偽装も納得です。

しかし意外と現行と共通点があるので見ていきましょう。

フロントビュー

左が新型、右が現行型です。

フロントライトの上にガーニッシュやウィンカーなどの飾りを配置する手法は同じですし、フロントグリル下の冷却穴の位置も共通しています。サイドミラーは同じもの?と見紛うほど似ています。

 

それでもデザインから受けるイメージは新旧で全然違っています。

吊目主体、曲線主体のデザインから、直線主体、丸ライトに変えるとガラッとイメージが変わるものですね。

今型のN-WGN、月販1,000台前後になってしまったN-ONEと共通化するため、このレトロ路線デザインに移行したのでしょうか?

リアビュー

リア周りも横型台形テールランプ、ハイマウントストップランプ、バンパー下の反射板とデザインのエッセンスは同じです。

が、新型はサイドウィンドウからリアウィンドウにかけての黒いガーニッシュがなくなったのと、バックドアが真四角になって、レトロというよりタウンエースのようなバンの印象になりました。

実際180mm低床化して、2段トランクとなりました。

この下部トランク部分、デイズなどだとリアバンパーで隠れており、ラゲッジアンダースペースになるところですが、N-WGNはそのままラゲッジスペースとしています。

便利だとは思うのですが、リアバンパーがほぼない状態なのでバック時にはぶつけないよう注意した方が良さそうです。

サイドビュー

大きな変更点として、ドアノブを通るサイドキャラクターラインがなくなり、新型はなんともシンプルなサイドとなりました。

 

旧型の窓ガラスはシックスライトではないものの、黒ガーニッシュでそれっぽく見せて視界の広い感を出していましたが、新型はきっぱりと装飾を廃し、新型デイズと対照的につるんとしたサイドビューとなっています。

これはこれで、張り感がしっかりあっていい感じです。また、ホイールがいいデザインですね。

*シックスライト→左右合わせて6枚の窓ガラスがあり、側面後方視界を確保しているタイプ。
 下記のワゴンRがそうです。

新型はリアサイドガラスのサイズは真四角になって大きくなり、現行型より視界が良さそうです。

Cピラーガラス周りの黒ガーニッシュや傾斜ラインがなくなったことで、Cピラー部分のデザインがシンプルになり間延び感が出るかと思いましたが、実際の写真を見てみるとこれはこれでありですね。

ちなみにカスタムは

顔は派手ですが、横はノーマルのままでシンプルすぎて落差があり、カスタム好きな層にはちょっと受けないのではないのではないかな~と思います。

気づいちゃった点

アンテナの位置

アンテナがリア右寄りに付いていたのですが、リア中央になりました。中央だとカッコは良いのですが、洗車などで倒すときに手が届きにくく、めんどくさいので残念です。

N-BOXほど車高が高くないのでそんなに困らないとは思いましたが、ハイトワゴンにしては他より30mmほど高めの1,675mm~1,695mmもあり、背の低い女性などは地味に困るのではないでしょうか。

アンテナが左右どちらかにあれば、タイヤをよじ登ったり、ドアを開けてリアドアのステップ部分を踏み台にして畳められたのですが。

カスタムだと高さが1,705mmもありますが、シャークフィンアンテナ込みなのでこれは畳む必要ないのでいいです。

革巻きハンドル

カスタムLターボのみに標準装備で、他グレードに付けると+4.86万円です。

N-WGN、全体的にデイズHSに比べて安めだなぁ~と思っていたらこういうところがオプションになっていました。

ただ、オプションでどのグレードでも選べるのは良いことです。

まとめ

最近の軽なので中身は文句なしだと思うのですが、フロントの丸目フォルムとリアのカクカク感、ステップバンを狙っているようなこのネオレトロ感がどうマッチングするのか気になりますね。

最近バイクもネオレトロ路線が流行っています。というかブームの発祥はこちらからかも。

バイクのネオレトロは下記のカワサキZ900や、ヤマハのXSR900のように密度が濃いデザインです。

逆に軽自動車のネオレトロは、ミラ・トコットのような細部だけレトロな薄め路線かなと思っていましたが、新型N-WGNはバイクとは路線が違いますがレトロ感濃いデザインで出てきた感じがします。

このN-WGN、デイズとどちらが売り勝つかで今後しばらくの軽デザインの流れが決まりそうで興味津津です。

コメント