スポンサーリンク

DDR4メモリーのCASレイテンシーによる性能差、他

自作PC

マイRyzen5 2600マシンの問題

Ryzen5 3600が2.5万円もしたので、1.5万円だった2600で組んだマイマシン。

今思えばやっぱり3600にすればよかったマイマシンの話です。

【自作PC】今更Ryzen5 2600で組む晩秋のギガバイト祭り【Ryzen5 2600】

 

スポンサーリンク

問題はメモリー周りだった

メモリーが色々な事情でTeamの3枚、24GBという中途半端の極みの構成でした。

なぜかというと相性問題からです。

問題1. メモリー相性問題

マシン組立時にPatriotのメモリーを1枚追加購入していました。なんで別メーカーのメモリーかというと、このマシンに使っているTeamのメモリーTED416G2666C19DC01が当時品切れだったのです。

Patriotにしたのは下記の理由から。

  • 黒くて外見が似ている
  • TeamのメモリーはMicronチップだったので、アメリカンメーカーのPatriotであればたぶんMicronチップ使っているから合うだろう
  • Team並に安かった(1枚3,200円)

というわけで4枚挿したのですが、Patriotの8GBメモリーしか認識しません。外すとTeamの24GBを認識します。Patriotを取り付けると(以下繰り返し)。

Patriotのメモリーチップを確認したら台湾Nanyaでした。

Nanyaかぁ~DDR2時代からハズればっかだわ~アメリカメーカーなのになんでMicronじゃないんだぁ~。

というわけで、泣く泣く外して3枚運用にして、しばらく24GBで運用していました。Teamメモリーは相変わらず品切れでした。でも32GBにしたいのでした。

じゃあ、Patriotメモリー2枚挿してデュアルチャンネルすれば32GB認識するはず!

というよくわからん根拠から、懲りずにPatriotメモリーを追加購入しました。

今度のチップはSpecTek(Micronの子会社 中華SSDの中身が選別落ちSpecTekだったという件で有名)のチップでした。コロコロ変わるなぁ……。ともあれ。

  • チャンネル1-3をTeam 8GBx2枚でデュアルチャンネル
  • チャンネル2-4をPatriot 8GBx2枚でデュアルチャンネル

という構成にしました。

これで32GB認識……と思いましたが、16GBのみの認識。

PatriotのNanyaチップメモリーの入ったチャンネルか、それ以外のチャンネルしか認識しない状態です。

ここでもう泣きそう。

ダメ元でNanyaチップを外して、下記構成にしたら32GB認識しました。

  • チャンネル1-3をTeam 8GBx2枚でデュアルチャンネル
  • チャンネル2-4をTeam 8GBとSpecTek Patriot 8GBでデュアルチャンネル

Nanya Patriotメモリーが悪かった!!

問題2. CASレイテンシーの差があるよ問題

32GBになったとはいえ、諸手を挙げて歓迎できない状態でした。

というのも、2666MHz動作時のSpecTekのCASレイテンシーが20。Teamのものは19。

CASレイテンシーというのは、メモリーがデータを行列から探してくるスピードのようなものです。これがSpecTekのものは1遅いので他のメモリーも20に揃えさせられて、スピード上で足を引っ張られている可能性があります。

ということが気になってムズムズしていた昨今。

Teamのメモリーを買えた

パソコン工房でTED416G2666C19DC01の在庫が復活していたので再購入しました。

4枚全て同じブランドで揃えると、なんの問題もなく32GB認識され、CASレイテンシも19で揃えることが出来るようになったのでした。

でも差はあるの?

ここで気になるのは、CASレイテンシによって性能差がでるのかどうかということ。

というわけで、PASSMARKのメモリー性能比較で調べてみました。

レイテンシ20のSpecTekメモリーが混ざっている状態 スコア2134

何度か試しましたが、だいたい2130前後でした。

レイテンシ19のTeamメモリーで統率した状態 スコア2155

こちらも何度か試しましたが、だいたい2150前後でした。

というわけで

CASレイテンシー差で1%前後、メモリー性能が変化する!というのがわかりました。全体性能に与える影響は誤差程度のような気もしますが、それよりも気分的にスッキリします。

まとめ

最初からメモリーブランドは統一しましょう。

あとRyzen5 2600でも十分速いですオススメです(アフィ誘導)。

神の2600

Ryzenの5の2600載ってる。へそくりはたいて探しに行ったら見た瞬間に即決した。

カッコイイ、マジで。そして速い。ソケットに挿すと走り出す、マジで。ちょっと 感動。

しかも6コアなのに12スレッドだから操作もキビキビで良い。2600は力が無いと言われてるけど個人的には速いと思う。

3600と比べればそりゃちょっとは違うかもしれないけど、そんなに大差はないってIntelも言ってたし、それは間違いないと思う。

ただFF15ベンチとかで測るとちょっと怖いね。車がスムーズに前に進まないし。

速度にかんしては多分3600も2600も変わらないでしょ。3600使ったことないから知らないけどZen2かどうかでそんなに変わったらアホ臭くてだれも2600なんて買わないでしょ。個人的には2600でも十分に速い。

Amazonで価格16,000円位でマジで3600を抜いた。つまりは3600ですらRyzenの2600には(価格で)勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です

神のGTOとは (カミノジーティーオーとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
神のGTOとは、NAでATで白のフルエアロのGTOのことである。 概要 神のGTOタグは、三菱・GTOが登場する動画にたびたびつけられる。 三菱・GTOとは、三菱自動車がかつて生産していた...

 

コメント