まさかのマイナーチェンジの日産デイズ/デイズルークス

クルマ

2019年当初にフルモデルチェンジが確定

2019年当初にフルモデルチェンジが確定で、エンジンとCVTが一新される日産デイズ/デイズルークスですが、5月末にまさかのマイナーチェンジが行われました。

変更点

  • エマージェンシーブレーキが30km/hまでのレーザーレーダータイプから、80km/hまでで歩行者にも対応したカメラタイプのインテリジェントエマージェンシーブレーキに格上げ(ノート・セレナ他と同様の高性能タイプ)
  • 低速時の前進後退衝突軽減ブレーキ、はみ出し警報(グレード別)、追加
  • 色:モカブラウンOUT
  • 色:クールシルバーOUT
  • 色:アッシュブラウンin
  • 色:スターリングシルバーin
  • 色:プレミアムオリーブin
  • 色:プレミアムオリーブ、アッシュブラウン、ホワイトの3トーンカラーin(デイズルークス)
  • デイズルークス:各グレードで10800円値上げ
  • デイズ:各グレードで17280~24840円値上げ

デイズの値上げ幅が大きいのが気になります。デイズ、デイズルークス共に装備面では自動ブレーキしか変更点がないはずですが、デイズのほうが自動ブレーキが取り付けにくくて、工賃分上乗せされているのかな(バカ)?

カラーリングは、モカブラウンが消えたのが一番大きいと思いました。
追加されたちょっと色あせた感じのアッシュブラウンもいいですが、濃い茶色のモカブラウンとはテイストが違うので、併売しても良かったんではないでしょうか。

プレミアムオリーブ、レモンライムなどなどのカラーを見ると、昔のK12マーチのポジションを今この2車種が担っているんだなと感じますね。かつてのティーダやパルサーのポジションを担うノートじゃないクルマも出してほしいですね!!!

既存ユーザーにとって

4月にデイズルークスが納車された私にとっては複雑です。
というのも今回のMCで付いた日産のカメラ式自動ブレーキ(名前にインテリジェントがついたエマージェンシーブレーキ)は、国産シングルカメラ式では最高性能を持っているからです。私のモデルのものはあるだけマシレベルなので余計に。

実際、2018年モデルのekスペース(デイズルークスの三菱版)が2018 ASV+++を獲得しています。

これでノートの車線維持機能と車間維持機能付きのインテリジェントクルーズコントロール(ICC)がついていたらディーラーに特攻するところでしたが、そこまでは付いていないのでなんとか我慢してます。

まとめ

これ、N-BOXのホンダセンシング搭載に対抗してのMCだと思いますが、来年のFMCでICCを搭載して対応してくるかと思っていましたが、このタイミングでやってくるとは正直意外でした。こういう意気込みを最初にエンジンにかけていれば後のミソもつかずに良かったのにね!!!!

デイズルークス関係まとめ

デイズルークス Gターボのレビュー

次期型のデイズ・デイズルークスを考える

コメント

  1. […] →買った2ヶ月後(2018年6月)にマイナーチェンジして自動ブレーキ性能が大幅アップしたぞ!!!! […]

  2. […] 自動ブレーキは5月のMCで付いた今の高性能単眼カメラタイプをそのまま使うでしょう。 […]