VR30DDTTエンジン搭載で日産マークのV37スカイライン出る

日産
スポンサーリンク

V37スカイラインがマイナーチェンジしました

ベンツの2.0Lターボがなくなったとか、手放し運転できるようになったとか、Vモーショングリルが付いたとかいろいろありますが、祝日産マーク復活!

国内市場を軽視していたという日産社長の弁もあるので、このスカイラインが国内ラインナップ復活の狼煙だと思いたいです。

で、肝心のスタイルですがやや野暮ったさがあるフロントマスクが昔のスカイラインっぽくて個人的には好きです。

サイドは特に変わっていません。FRセダンの王道なスタイルです。サイドウィンドウの下端が水平基調で、後席の明るさ・視界もしっかり確保されている良いデザインだと思います。

ただ、最近の日産高級車のリアウィンドウ後端のウネウネと下に下ろす造形はちょっとイマイチ。昔の直線で折り返す処理のほうが良かったです。

リアは4灯テールも復活し、エンジンはツインターボ、そして400Rという懐かしのネーミングのグレードも出ていて日産ファンの琴線に触れるMCとなっています。

マイナス点は、2.0Lターボがなくなったので自動車税が最低でも5万円台になるところでしょうか。

ラインナップと価格

ラインナップはハイブリッドGTと新開発のVRツインターボエンジン搭載のGT、そして400Rとシンプルです。

価格は427万円~605万円です。

うむ、買えん!

ご愛読ありがとうございました。

というわけにもいかないので、エンジン比較してみました。

エンジン比較

HYBRID V6 TURBO 400R
型式 VQ35HR V6 VR30DDTT V6 VR30DDTT V6
ボアxストローク 95.5×81.4 86.0×86.0 86.0×86.0
排気量 3,498cc 2,997cc 2,997cc
圧縮比 10.6 10.3 10.3
馬力 306PS/6800rpm 304PS/6400rpm 405PS/6400rpm
トルク 35.7kgf/5,000rpm 40.8kgf/
1,600-5,200rpm
48.4kgf/
1,600-5,200rpm
JC08燃費 14.4km/L
WLTC 市街地 6.2km/L 6.5km/L
WLTC 郊外 10.6km/K 10.6km/L
WLTC 高速道路 12.9km/L 12.5km/L
WLTC 総合 10.0km/L 10.0km/L

注目点1:ノーマルVR30DDTTと400Rのエンジン基本仕様が変わらない

ボア・ストローク、圧縮比変わらずです。燃料はもちろんどちらもハイオク。

唯一のスペック上の違いとしては、400Rの7ATの減速比がやや加速向きになっているだけ。

ということでターボの過給圧を上げて+100馬力している模様です。

注目点2:ノーマルVR30DDTTと400Rの燃費が変わらない

100馬力違うのにどっちもWLTC総合10.0km/Lです。意味がわかりません。

これが新エンジンの威力なのでしょうか!?

WLTCでこれなので、どちらも実燃費9.0~11.0km/Lくらいは行くでしょうから、400Rを買う層も増えるのではないでしょうか。

注目点3:HYBRID搭載のVQ35HRの存在意義は?

排気量が多いですが、VR30DDTTと比べると馬力は拮抗、トルクは負けているVQ35HRです。

モーターを組み合わせてもJC08燃費14.4km/Lということで、もともとJC08で16.0km/Lほどあったカタログ燃費が今回下がった理由がよくわかりませんが、WLTCはおそらく12.0km/Lほどだと思われ、燃費面のアドバンテージもあまりなさそうです。

が、このエンジンを搭載したHYBRIDグレードのみにしかプロパイロット2.0が付けられません!!!

モーターのほう電子制御がしやすいのでしょうが、これには正直ちょっとがっかりです。

とはいえ、他のグレードにはプロパイロットではないですが、インテリジェントクルーズコントロールと車線保持機能が標準で付いているので、どーしても高速道路で自動で車線変更したい方以外は問題ないかと思います。

あ、あと4WDはHYBRIDだけでした。

私のオススメグレード

  • V6 TURBO GT 4,274,640円
  1. 安い
  2. ナビもインテリクルコンも付いている。
  3. シートがファブリックと合成皮革で手入れが楽
  4. タイヤが17インチでちょうど良さそう

本革シートやメモリーパワーシート、電動ランバーサポート付きのType Pの4,554,360円も良いのですが、タイヤが18インチになって交換費用が高くつきそうなのと本革シートなので手入れに気を遣いそうです。

実際皮算用してみた記事はこちら。

V37スカイラインGTをなるべく安く見積もりシミュレーションしてみた
買えぬスカイラインのシミュレーション 日産の見積もりシミュレーションは細かいオプションまで指定できてイイと思います。 ただ、大画面PCで高速LAN環境があればの話です。小さい画面・低速通信だと結構イライラします。 今回...

ちなみに400Rとは

もともとはR33のニスモカスタムです。製作コンセプトについては詳しくは下記の後半部分が詳しいです。例によってベストカーの記事ですが、後半の開発ドライバーの方の説明は参考になります。

超高騰中!! あの伝説のGT-R、最終型の価格と価値 | 自動車情報誌「ベストカー」
超高騰中!! あの伝説のGT-R、最終型の価格と価値 |  第二世代GT-Rの中古車価格の高騰が止まらない。歴史的な名車として今後もその価値が下がるということはないだろう。そんなスカイラインGT-Rにはファン垂涎のモデルがある。それが晩年に追加された「Nur(ニュル)」、そしてワークスのNISMOが手掛けたコンプリート...

個人的な400Rのイメージとしては、グランツーリスモ4のジャパニーズ90ナントカレースのプレゼントカーでもらったものの、その段階ではなんとも微妙なパワーで置物にしていたのですが(失礼)、実車は相当スパルタンな逸品の模様。

今まで海外で出ていたスポーツグレードのIPL(インフィニティ・パフォーマンス・ライン)系を頑なに国内で出さなかった日産ですが、400Rの名を冠するモデルを今回カタログに加えてくるとは、今後の展開も期待できます。

公式サイト↓

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン Webカタログ トップ
日本にはスカイラインという美しい道がある。- 日産 スカイラインの公式サイト。スカイラインのカタログ情報、オーナーの評価をご覧いただけます。カタログ請求、試乗車・展示車の検索、見積りシミュレーション、他車比較などができます。

コメント